ご相談・調査報告・お見積りは無料!

施工事例

塀の施工例

北九州市若松区 S様邸 塀塗装

塀の色はお客様からご近所様の建物の塀の色が良いということで、早速行って色を確認させていただきました。ブロック塀を塗装する時は十分気をつけなくてはいけません。ブロックを繋ぐ目地から漏水し塗装が浮いて剥げてくるからです。

まずは高圧洗浄で入念に泥やコケなど汚れを入念に洗い流します。乾燥期間として1日以上はしっかり乾かして水気を取ります。

基本的に、一般の壁には下地調整材を塗装して上塗りを塗装すればいいのですが、ブロックは密着度が極めて低いのでシーラーを塗ってから下地調整材を塗装します。できれば下地調整材は厚塗りの仕様をお勧めします。

その後上塗りを2回塗りして完了です。色は塀が薄いグレーで上の笠を濃いグレーで塗装し2色の色替えでした。笠部が外れているとこは落下の危険があるため、モルタルで補修をしました。

このたびは大変ありがとうございました。
また何かありましたらよろしくお願いいたします。

[塀] 仕様:シーラー+下地調整材+水性シリコン

ご相談・お問い合わせはこちら!